FC2ブログ

双六岳~水晶岳縦走20170811②

13:00小さな雪渓を渡ります~

DSCN0468s.jpg






アキノキリンソウ

DSCN0479s.jpg





DSCN0482s.jpg






クルマユリ

DSCN0486s.jpg





エゾシオガマ

DSCN0469s.jpg





ヨツバシオガマ

DSCN0492s.jpg






鞍部に双六小屋が見えてきました~正面が鷲羽岳、左後方には水晶岳が望めます~♪

DSCN0484s_20170815150327a32.jpg





小屋が見えてもなかなか到着しませんーー^^

DSCN0491s.jpg






テント場も満杯のようです~

DSCN0495s.jpg





双六小屋到着!!!    14:10

DSCN0505s.jpg









目標は三俣山荘でしたが・・・・・右が鷲羽岳ですが左の鞍部に三俣山荘ですが、コースタイムは2時間半で計画してましたが、3時間10分掛かるようです~雨予報もあり今日は断念^^双六小屋に泊めて頂くことに!

DSCN0498s.jpg





DSCN0499s.jpg






この上方に弓折乗越があるんです~  遠かった^^   疲れた^^

DSCN0506s.jpg






今日の夕焼けは残念ながらご覧の通り^^

DSCN0509s.jpg






今日の部屋は布団1枚に二人と言う事で、6畳間に12人でした^^

DSCN0500s.jpg



今日は行動開始から9時間10分・・・・・・計画倒れかも知れないが、まぁ いいか  よく歩けたもんだ。
明日はもっと厳しいかも・・・・・小屋変更の為野口五郎小屋はキャンセルして水晶小屋泊に変更です。
よって野口五郎岳は断念です。

明日は双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳水晶岳を目指します!!!
ご期待ください。

双六岳~水晶岳縦走20170811①

8月に入ってから無茶苦茶忙しくなり~もう無理かなぁ〜と諦めかけてたけど、予定通り単独縦走して来ました~
10日の朝出発、新穂高温泉に13時頃到着~先ず駐車場探し・・・・登山口の前は1日¥1,000で空きは有ったが、少し下った所に無料駐車場を見つけた。でも満車の看板が有ったが、2台の車が出て行ったので空いたのでは!!!
ラッキー¥4,000助かりました^^100台位の収容台数でしょうか。

新穂高温泉は飲食店・コンビニ等一切なく温泉宿ばっかりで困ったが、警備員に寄ると20分位下ると1軒だけ日帰り入浴が出来て食事が出来るところがあると・・・・車は定位置に駐車し、歩きで・・・・・・・・・・昼夜分としてカツ定食ゲット!

夜は持って来たウイスキーで車中泊!

朝は握りもパンもなくエネルギー補給剤とグミで済ませ4時半に出発。
登山届を出して水とポカリを購入し、5時に鎌田川を渡りました。


DSCN0338s.jpg






珍しい・・・ツクシクサボタン

DSCN0354s.jpg






新穂高温泉から1時間半ほどでわさび平小屋です。 今日のこの時間はひっそりしてました~   6:30

DSCN0356s.jpg







ヤマジノホトトギス

DSCN0358s.jpg






もう雪渓が見えました~下は雪解け水で冷気が流れ涼しく快適でした~

DSCN0364s.jpg





キオンでしょうか~

DSCN0367s.jpg






8:00  秩父沢が見えてきました~この辺りは庭師が作ったような石畳です!

DSCN0368s.jpg






秩父沢の木橋・・・・上には雪渓が続くのですが、今日はガスで見えません~  帰りには撮れることを念じながら・・・・

DSCN0374s.jpg





ベニバナイチゴ

DSCN0384s.jpg







キヌガサソウ

DSCN0393s.jpg






ピンボケですが、クロユリです。

DSCN0398s.jpg






シシウドが原  やっと2090m     もう1000m程登った事になります。

DSCN0394s.jpg





10:45 鏡平小屋に到着

DSCN0405s.jpg





ここでカレーライスを食し11:05に出発!   ≒2300m

DSCN0409s.jpg





チングルマの綿毛

DSCN0413s.jpg





弓折乗鞍あたりで一瞬ですが、青空が   12:00  ≒2500m

DSCN0429s.jpg






再びガスが

DSCN0438s.jpg








トリカブト

DSCN0431s.jpg







リシリオウギ・・・・・・・・・まもなく稜線の弓折乗越

DSCN0450s.jpg








ニッコウキスゲ

DSCN0453s.jpg





タテヤマリンドウ

DSCN0455s.jpg







ダイモンジソウ

DSCN0459s.jpg






ハクサンチドリ

DSCN0464s.jpg







シナノキンバイ

DSCN0461s.jpg








コイワカガミ

DSCN0466s.jpg



この稜線は鏡平あたりから弓折乗越までは常に槍・穂高連峰が望めるところですが、本日は残念ながら高山植物の案内だけになります。花もこれっぽちではなく、まだまだ出会いましたが下山時の撮影までお待ちください。
下山時は素晴らしい展望に恵まれました~ご期待ください

もう少しで双六小屋です~♬♬♬(^^♪

プロフィール

satoyama

Author:satoyama
satonoyamaブログへようこそ!
関東の低山から高山まで山野草とともに!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク