FC2ブログ

針ノ木岳 20141012 ⑤

左から薬師岳 2926m  越中沢岳2591m 獅子岳 2714m 龍王岳 2872m

DSC_4489s.jpg



中央右が爺ヶ岳 2670m

DSC_4492s.jpg




蓮華岳2799m 後ろに見えるのは浅間山

DSC_4493s.jpg




高瀬ダム湖を中央にして   右に燕岳 2763m  左に鷲羽岳 2924m

DSC_4466.jpg




一時間ほど楽しんでから、まず針ノ木峠に向かいます。


今日は嵐の前の静けさでしょうか・・・・午後も最高の天気です。
針ノ木小屋に宿泊を予約してたのですが、明日は台風の為朝から雨模様の予報・・・・・
蓮華岳にも行きたかったけど展望の見込みなしってことと、雨の下山は危険そうなので小屋に訳を話して泊キャンセルで下山することにしました。


DSC_4513s.jpg




登りは日陰でしたが、下りは日向~もう上の方は紅葉も終わりです~

DSC_4521.jpg




日本三大雪渓の一つ 針ノ木雪渓です。(今は殆ど雪がありませんが)

DSC_4534.jpg





まだ二時過ぎですが、もう日陰になってきました。

DSC_4545.jpg




実はこの山は富山に赴任になって初めの頃、積雪期に登った山で友が雪渓で滑落しヘリに助けられた山でした。
御嶽山での事も含め、いろいろ考えさせられますが・・・・俺はこれからも登ります~

雪渓の下部にある大沢小屋入口横に百瀬慎太郎のレリーフがあります。
大正14年に大沢小屋、昭和5年に針ノ木小屋を建設したそうです。
百瀬慎太郎を偲び安全登山のお礼を・・・!!
感謝・・・感謝・・・山を初めてこれほど素晴らしい経験は初めてのような気がします~

いままでの登山にかかわっていただいた方にも感謝~


天候~

体力~

気力~

いろいろ~ありがとうございました~


DSC_4427s.jpg



追伸  :  針ノ木峠は天正年間に小牧・長久手の戦いで豊臣秀吉と戦った徳川家康に、和睦を破棄し徹底抗戦を主張するため富山城主の佐々成正が浜松城へ面会に行ったとき、厳冬期のこの峠を越えたとされています。

また、日本アルプスを世界に紹介したウォルター・ウェストンが百瀬慎太郎が結成した案内人とともに針ノ木峠越えを行ったそうです。   おおげさかもしれませんが~ 歴史ある山で無事に山行が終えれたことに感謝いたします。





おまけ     信州安曇野  池田町 大峰高原七色大カエデ

DSC_4378s.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい山行でした。
今後もノンビリ行きましょう。
来年の夏、良いかもしれませんね〜!

kuriちゃんへ

ありがとう^^
槍では迷惑かけたけど~また、宜しくお願いします。

プロフィール

satoyama

Author:satoyama
satonoyamaブログへようこそ!
関東の低山から高山まで山野草とともに!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク