FC2ブログ

屋久島2012.06.24③

前号の最後の2画像はこの大株歩道入口の後が正解でした。
ここが、トロッコ道と山道の分岐点です。
ちょっと休憩して靴ひもを締め直し、いざ出発!

DSC_0203s_20120701093516.jpg



最初に見られる屋久杉 翁杉です。2010年9月に倒木。推定樹齢2000年周囲12.6m 

DSC_0210s_20120701093207.jpg


ウィルソン株
名前の由来は、植物学者アーネス・ウィルソンが世界へ発表したこと。博士は洞窟と思って雨宿りしたという切株
内部には湧水が湧き出ている

DSC_0217s_20120701094332.jpg


DSC_0278s_20120701094743.jpg


ウィルソン株の内部から上を見上げたらこんな感じ・・・・

DSC_0215s_20120701094853.jpg


ウィルソン株の内部から入口を覗くとこんな感じ・・・・

DSC_0216s_20120701095009.jpg


このように倒木した切株の上に更新して色んな植物が発芽して育ってるんです。
気候と雨の恵みでしょうか・・・

DSC_0226s_20120701095252.jpg


この辺りから名を持たずともりっぱな巨樹がいたるところに根を下ろしています。
なにかこみあげてくるものがありました。
感動!感動!!感動!!!



夫婦杉 2本の杉が手を取り合う夫婦のような・・・・枝が融合して成長した合体木
右が夫、左が妻と言われています。
推定樹齢夫2000年妻1500年 樹高夫22.9m妻25.5m周囲夫10.9m妻5.8m

DSC_0228s_20120701095553.jpg



これはまた別の屋久杉  

DSC_0237s_20120701100115.jpg


屋久杉のトンネルを通り進む人が左に見えます(青カッパ)
DSC_0239s_20120701100644.jpg


縄文杉はもう目と鼻の先に待ってます~次号のお楽しみに^^






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

屋久島へ行かれましたか。
原生林と巨大な樹木、神秘的な雰囲気の良い場所
ですよね~。
いつか行ってみたいなぁ~。
うらやましい!

satoyamaちゃんの感動が伝わってきましたよぉ^^
いやはや・・・里窯ちゃんの鼓動と屋久杉の鼓動が共鳴して・・・・。
こんなん見せられると・・・マスコミが作り出したパワスポットなんて、ちゃんちゃら軽いねぇ^^

追伸:
今日から再就職、おめでとぉ~~~^^
酒飲んでくだまいたら・・・もう来んでいいって言われるからね^^
まぁ~~ちょんぼしガンバレや^^

Tombee さんへ

> 追伸:
ありがとうございます。
先方の都合で1っか月後になりました。(10日程前に連絡ありv-12v-221

きさくさんへ

屋久島すっごくいいですよ~
機会を作って是非行ってください。
里山、アルプスと違った神々しさがあります。
きさくさんならもっともっとすばらしい写真が撮れますよ~
プロフィール

satoyama

Author:satoyama
satonoyamaブログへようこそ!
関東の低山から高山まで山野草とともに!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク