FC2ブログ

岩山 2014.08.23

当日は天気は雨予報だったのですが、朝起きたら陽が射しており急遽、鹿沼市街地に近い岩山に行ってきました。
栃木県の山の本に出ていた328.2mの小さな山ですが、ちょっと気になり・・・・

最初は桧林で、登山道は昨日までの雨で粘土質の土が滑りやすく・・・・

DSC_3801s.jpg


5分くらいでいきなりいえ岩が出現・・・・・・・
かなり急な登りだけど、鎖もなくロッククライミング状態でした。カメラをリュックにしまい両手も岩を掴みながら、

DSC_3802s_20140830064625635.jpg





これは本格的だと思い引き返そうかと・・・・うろうろして横に回りこむと何とかもう少し緩い岩がありました。

DSC_3803s.jpg



岩と岩の間を登るのですが、足がかりが遠すぎて・・・・・・
登っても降りられないかも・・・・

DSC_3804s_2014083007015172e.jpg




さっき目の当たりにした岩を上から眺めます~

DSC_3805s.jpg




岩の上にベンチがありました。すでに汗びっしょりです~

DSC_3809s.jpg






これは、間をすり抜けられるのか・・・・行くしかない~

DSC_3811s.jpg




またしても、大岩

DSC_3813s.jpg





靴が岩と岩の隙間にはさまり抜けなくなり、足を抜いて両手で引っ張りなんとか脱出!

DSC_3821s.jpg




この段差は1m以上あって四苦八苦^^

DSC_3819s.jpg



1時間40分ほどかかりました。岩山ピークです。

DSC_3832s.jpg



さらに稜線をすすむと数十メートルある猿岩に出るはずであったが、道に迷い出会えませんでした。
このコースのクライマックスであると本には書いてあったのですが・・・・残念です。

小さな山ですが、ばかにできない怖さを学びました~
スポンサーサイト



表銀座縦走 2014.07.19

待ちに待った、夢にまで見た~数年前からの目標の山

      『槍ヶ岳』

悲惨な結果になり、ブログの更新も途絶えてしまっていましたが、夏休みも今日で終わり、引き摺ってはいかんと!
今回の報告を致します。


先ずは、一緒に行った皆さんに大変心配をおかけし、ご迷惑をおかけしたこと深くお詫び致します。
すみませんでした。それと・・・ありがとうございました。


今回の山行の週初めに夜勤が二日間あり、体調が戻らなかったのが、原因の一つではありますが、もっと食を太くし体力を付けることで改善したいと思います。




雨が時折降るなか早朝から登山開始~合戦小屋辺りから雨も上がり良い兆しになってきました。

最後の一株!  シャクナゲがまだ元気に咲いていた。

DSC_3485.jpg




エイレンソウ

DSC_3512.jpg





ハクサンイチゲの向こうに~燕岳!

DSC_3532s.jpg





イルカが姿を現した

DSC_3543.jpg





11:50 燕岳 頂上にて

DSC_3552.jpg





右奥には大天井岳は見えてるのでしょうか・・・これから今晩泊まる大天井ヒュッテに向かいます。

DSC_3554.jpg




尾根の縦走は、まずは快適に始まったのですが・・・・・ 

DSC_3575.jpg



3時過ぎ頃だったか、なんだか頭痛がひどくなり皆についていくことが出来なくなってきました。クリちゃんとトンビさんに付き添われながら、何とかヒュッテに到着したころには吐き気も・・・

小屋のオヤジさんに、酸素マスクを装着して頂き30分くらいしたら、なんとか普通に戻ってきたようだども、食欲は全くなしで、朝まで寝ておりました。軽い高山病らしいと。

朝は少し栄養補給して途中まででも皆とともに槍を目指して5時半に出発!!


DSC_3594.jpg





槍ヶ岳をバックにするが、顔が死んでる^^
やっぱり遠いなぁ~

DSC_3603.jpg





燕岳方面を振り返りますが、もぅ・・・・見えません。

DSC_3604.jpg




DSC_3607.jpg



槍の見納めか~~~ヒュッテ西岳の手前で~~どうするか、迷いながら決めた・・・・グループに迷惑がかかると。

DSC_3608.jpg



8:40に ヒュッテ西岳で安全を祈願して5人を見送る・・・・・・

DSC_3618.jpg


5月から先週までの訓練がこんな形で終わるとは・・・・・



ここで休憩し、泊めてもらって明日早朝に下山しようとしたが、ここの小屋人曰く、高山病は少しでも標高の低いところに行った方がいいので、辛くても、このまま下山を始めたほうがいいと・・・・・

はたして、一人で下山・・・今日中に槍沢ロッジにたどり着けばなんとか・・・・コースタイムは3時間くらいだが・・・・


とにかく自分の足で上高地まで行くしかないと9時に小屋を後にしました。

水俣乗越までの途中・・・・こんな急降下もありで不安でもあったが・・・・槍沢ロッジを目指し標高を下げていきます。

DSC_3623s.jpg
プロフィール

satoyama

Author:satoyama
satonoyamaブログへようこそ!
関東の低山から高山まで山野草とともに!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク