FC2ブログ

福地山2011.03.27

日本が大変なときに申し訳なかったのですが・・・・・・・・・

4月から新潟に転勤することになり・・・・
富山(3月)最後の日曜日
富山で長くお世話になった森里さんと岐阜の福地温泉口にある福地山に出掛けました。

富山7時15分発 登山口8時45分着9時登山開始
北アルプスが展望できる標高1672mの山で 登山は高低差700mです。


これは滝ではありません・・・実は温泉の名物で造形作品です。
DSC_0427s_20110327203004.jpg

先人二人のカンジキ足跡があり、カンジキなしで臨みました。
DSC_0409s_20110327202416.jpg

20センチ位の新雪であった。
DSC_0411s_20110327202501.jpg

今日は私がリード・・・
DSC_0412s_20110327202543.jpg

そろそろ頂上かな・・・
DSC_0413s_20110327202634.jpg


頂上です。3時間掛りました。
30分の食事休憩したが、展望が開けないので下山。
DSC_0417s_20110327202724.jpg


焼岳を望む
DSC_0423s_20110327202812.jpg

焼岳ズームイン
DSC_0425s_20110327202912.jpg

雲がなければ乗鞍岳が見えるんですが・・・
DSC_0426s_20110327203035.jpg

西穂高山荘で教えてもらった日本最大級の露天風呂に立ち寄りました。
DSC_0428s_20110327204724.jpg


女性には貸切露天風呂もあるんですが・・・この広い部分は混浴です。
DSC_0440s_20110327205224.jpg

こんな広い露天風呂は見たことがないですね!!!
DSC_0442s_20110327205309.jpg

DSC_0444s_20110327205408.jpg

奥の高台から滝のように大量のお湯が・・・ 
風呂と風呂の段差には川のような流れがあるんです。
DSC_0447s_20110327205450.jpg

竹竿から打たせ湯がここちよい。
DSC_0433s_20110327205516.jpg

今日登った福地山・・・登り3時間・・・下り1時間30分でした^^
DSC_0450s_20110327205550.jpg

森里さん大変お世話になりありがとうございました。

ボーイスカウトの役員さんお世話になりました。

山の会のみなさんお世話になりました。

いつか又、北アルプスに戻ってきますよ。
スポンサーサイト



利賀村の蕎麦の郷 2011.03.26

今日は富山の最後・・・3人で金剛堂山に登る予定だったんですが、山麓は生憎の雪の為中止。

MOさんと利賀村の蕎麦と立ち寄り湯(天涯の湯)に行こうってことで~^^

この門をくぐるとなんと蕎麦屋さんがあるんですが・・・
DSC_0392s_20110326160848.jpg

ノ連が掛ってるし開いてると思って雪のなか行ったのですが締まってました。
DSC_0390s_20110326161150.jpg

一軒営業してました。(今日の客1号でした)
DSC_0395s.jpg


三笑楽で一杯!
やっぱり手打ちのもり蕎麦は旨い!
豆腐も名産らしい。
DSC_0398s_20110326161506.jpg

戦後最大の大惨事!

このたび東日本一帯を襲った巨大地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上ます。

また犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し深く お悔やみ申し上げます。

日増しに被害者が多くなってきました。


俺に何ができるかわからないけど・・ここで自分を変えて・・とにかく早い復興を祈ります。

募金にも出来る限り協力しましょう。

自分の会社も、赴任先の自治体も、世界の国も支援に向かいました。 


戦後最大の不幸に負けるな日本!頑張れ日本!

西穂高独標 2011.03.05④

3時過ぎからごそごそ動きだした人がいる・・・老人かな・・・そうでもないらしい・・・
ちょっと早いけど4時に起床
まず最初にヘッドライト点灯
服装のチェック・・・これくらいでいいかな・・・もう一枚着ようかな・・・・周りの人様子を覗きながら整えていきます。
今朝のトイレは手洗いの水も凍っており消毒液を数滴手もみ。
帽子、雪眼鏡・・・・そうだっ目だし帽の上に帽子がいいかな
あっその前に日焼け止めクリームをぬらなきゃ
オニギリ1個とブドウパンを一つ食べて残りは持っていこう・・・・・

5時15分ヘッドライトを点灯しアイゼンを装着して小屋を出発!
満天の星があると思ったけどなかった。
時折り雪が顔に当たる。これはどうも積もった雪が風で飛ばされてるんだと気づく。
よく見ると下界の明かりが見える。
そう悪くはないらしい。


6時10分の朝焼け
DSC_0444s_20110310085016.jpg

富士山が見えた!
DSC_0445s_20110310085120.jpg

昨夜語りべの名古屋の兄さんが朝焼けの写真を撮っていました。
すすむ自信がなくここで引き返すと言う事で互いの健闘を祈り別れ・・・
DSC_0448s_20110310085255.jpg


別れてまもなく・・・・
登頂してご来光を拝みたかったが・・・・残念無念
DSC_0449s_20110310085334.jpg


4人のパーティがザイルを準備してます。

DSC_0462s_20110310091434.jpg


尾根が細くなり・・・すぐそこに独標が・・・・高さ、距離共30m位かな 6時30分
これまではなんとか登ってこれたが、足が竦みました。しばらく落ち着こうとしたのですが、この足元の岩を越える事が出来ませんでした。右方は絶壁なんです。
夏山だとへっちゃらなんだけど・・・ここは慎重に。

この先は非常に不安定な岩稜歩きになり急登。




DSC_0456s.jpg

6名程登頂したようです。
DSC_0461s_20110310093038.jpg

この頃から急激に強風になってきました。
俺の経験・技術では無理だ。
本当に残念ですが引き返します。
体感温度はマイナス20~30度の感じな、生誕初めての世界だ~~!!

DSC_0459s_20110310093456.jpg

笠岳がまぶしく笑っています。
DSC_0460s.jpg

風はだんだん強くなり、手の指先は麻痺してくる・・・
DSC_0465s_20110310093833.jpg


目だし帽の上に被っていた愛用の耳付帽子が飛ばされ一瞬のうちに見えなく・・・
DSC_0466s_20110310093902.jpg

強風が創り出す飛雪・・・白い炎とも噴煙とも見えた。
このあとカメラバックの蓋が完全に閉まってなくポロリと雪原に投げ出され3m程先に・・・・何とか飛ばされずにすんだが・・・・びっくり仰天とはこの事ですね。
落ち着け落ち着け・・・DSC_0467s_20110310093936.jpg

立っておることすら危ない状況で座り込みながら・・・
もうカメラを出して撮影する状況ではなく・・麻痺した指先でなんとかカメラバックの蓋をし
飛ばされないことだけ考えながら下山しました。
DSC_0468s_20110310094005.jpg

剱岳の怖さってもんじゃなく恐怖を感じました。
風がなければどうってことないんですが・・・・

DSC_0469s_20110310094031.jpg

緊張したせいか・・・ヘッドライト点けっぱなしだった。
山小屋についてオニギリを食べようとしたらカチカチに凍り付いていました。
冬山は食料もよく研究したほうがいいですね。

新穂高ロープウェイの西穂高口駅より西穂高を望む
独標から西穂高山頂までは大小12ものピークを越えなければ行けません。


sDSC_0473

山はなめちゃいかんですね。
冬山は単独行はやめたほうがいいね。
いい経験ができました。
夏ならば富山のMOさんも経験してるから大丈夫だろう。

夏にまたリベンジを誓い・・・また来よう!さらば西穂高!ありがとう西穂高!

西穂高独標 2011.03.05③

この辺りは森林限界ですが、時折りハイマツが顔出すとこの有様。
DSC_0408s_20110309085845.jpg

焼岳、乗鞍岳方面
DSC_0412s_20110309090114.jpg

笠岳方面
DSC_0413s_20110309090236.jpg

右から二つ目の峰が独標です。今日行けたら最高の天気だったのですが、これからでは時間的に無理なので・・・・
DSC_0414s_20110309090421.jpg

すばらしいっしょ!  言葉を失うか・・・一人でも奇声をあげるか・・・・・
DSC_0421s_20110309090739.jpg

右奥に望む奥穂高岳
DSC_0425s_20110309091054.jpg

今日の目標   丸山です。
DSC_0427s_20110309091333.jpg

丸山から登ってきた方向・・・3人組みが向かってきてます。ヘルメットを被ってますね・・・明日はピラミッドピーク挑戦かな
DSC_0426s_20110309091509.jpg

丸山の先で 写真を撮ってる人がいます。
DSC_0428s_20110309091822.jpg

中央がピラミッドピーク・・・西穂高岳は左のほうですが、見えません。  右のこんもりした岩峰が西穂独標です。
DSC_0429s_20110309092008.jpg

DSC_0430s_20110309092122.jpg

DSC_0431s_20110309092231.jpg

DSC_0432s_20110309092339.jpg

17時38分日没です。
DSC_0438s_20110309092552.jpg

DSC_0441s_20110309092715.jpg

今日は、持参したウイスキーで友と語り・・・・・一人は名古屋から(ワイン)、もう一人は大阪から(ウイスキー)足らなくなり・・・・^^
明日の天気を祈念しながら19時30分に床に・・・

西穂高独標 2011.03.05②

今朝、起きたら嘘のような銀世界でしたがその後天気良くなったけど、夕方から冷たい雨になりました。


今回は本格的な冬山!

雪で真白な森の中で、誰もいない静かな道を黙々と一人で歩き続け、目標地にたどり着き一気に開ける景色を眺めたりしていると、なんとなくすっきりするものがあって、山はやっぱいいなと思いました。これを教えてくれた先輩に感謝申し上げます。一緒に登ってた頃は興味本位でどってことなかったのですが・・・・・最近は心の底から喜びを感じます。


全くメルヘンの世界なんですよ。動物の足跡も至るところに・・・テン、キツネ、ウサギ、リス、カモシカ・・・・あぁ・・・西吾妻山を思い出します。
DSC_0385s_20110308161637.jpg

笠ヶ岳・・・富山県側からも同じ・・どこから眺めても笠の姿を崩さない優美な山容
DSC_0387s_20110308161751.jpg

正面が焼岳・・・左奥が乗鞍岳 これらは登った山です。
焼岳の写真は誤ってデーター削除してしまいブログに記事もありません。(単独山行でした)
DSC_0392s_20110308161942.jpg

遠くに望むは白山です。これの夏山の花も凄かったですね。
DSC_0394s_20110308162020.jpg

西穂高山荘  山側の2階の軒先まで雪に埋まってます。
DSC_0397s.jpg

DSC_0405s_20110308162139.jpg

14時55分 山荘到着!!!  標高2385m
DSC_0391s_20110308162219.jpg

山荘まえでテント泊をしているようです。一人用ですね・・・・寒そう・・・。
DSC_0400s_20110308162253.jpg

これから西穂高独標は時間的に無理だと言われて・・・・・こんな天気のチャンスはないってことで寒いけど荷物を預けて暖も採らずに・・・丸山まで行ってみる事に!!!

西穂高独標 2011.03.05①

今日は久々の快晴ってことで・・・・急きょ西穂高を目指すことに。


新穂高温泉駅からロープウェイで標高2156mの西穂高口まで約10分で運んでくれます。
そのせいで登山客も多く踏み跡があり山荘まではカンジキも必要なしでした。

中央に槍ヶ岳が見えます。
DSC_0369s.jpg

西穂高
DSC_0372s_20110306181538.jpg

笠ヶ岳
DSC_0375s.jpg

オオシラビソとダケカンバの森を進みます。
DSC_0381s_20110306183303.jpg

写真で見るより結構急斜面なんです。
DSC_0382s_20110306183523.jpg

飛行機雲がきれいです。
DSC_0388s_20110306183803.jpg

ダケカンバの雪の華
DSC_0390s.jpg

すごいっしょ!オオシラビソが凍りついてます。
山小屋の近くです。
DSC_0398s.jpg
プロフィール

satoyama

Author:satoyama
satonoyamaブログへようこそ!
関東の低山から高山まで山野草とともに!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク