FC2ブログ

福地山・十二ヶ岳2009.11.22④

先の福地山の本日の登山者は7名でした。
新穂高ロープウェイに向かう途中、左手に○○山?
DSC_0105s_20091130182137.jpg
だんだん天気が崩れてきました。二階建てのロープウェイです。
標高1117mから第一第二ロープウェイで2156mまで登ります(往復2800円)
DSC_0112s_20091130183020.jpg
槍ヶ岳が辛うじて見えました。
DSC_0119s_20091130183231.jpg
ロープウェイ終点からです。只今15時30分
ズームアップで西穂山荘が見えました。
雪が舞い始めましたよ!
DSC_0126s_20091130183451.jpg
周辺の大シラビソ
DSC_0127s_20091130183724.jpg
西穂高岳
DSC_0130s_20091130183903.jpg
展望台には雪だるま!
DSC_0133s_20091130184041.jpg
ベンチに積った新雪
DSC_0137s_20091130192034.jpg

氷点下-6℃との事。昨日は-8℃
DSC_0138s_20091130184221.jpg
16時15分にリフトで下山

次回は穂高登頂を目指して・・・来春の目標に!

民宿に向かいます。

源泉掛け流しの温泉でくつろいだ後、
夕食です。山菜、鯉のアライ、飛騨牛の刺身と焼肉、イワナの焼物 大変なご馳走でした。
贅沢をしてしまったので、お酒は一本ですませました。
DSC_0158s_20091130184525.jpg
朝の露天風呂
DSC_0169s_20091130185033.jpg
ナンノ木だったかなぁ?
DSC_0166s.jpg
6時半から朝食です。
DSC_0168s_20091130185517.jpg
民宿の庭にもツルウメモドキ
DSC_0170s_20091130185654.jpg

DSC_0173s_20091130185903.jpg

これから平湯大滝に向かいます。
スポンサーサイト



福地山・十二ヶ岳 2009.11.22③

下りは違うコースで下山。   ツララ発見!
多分、この辺だと思いますがモンベルの耳充て付の帽子を落としたみたいです。
下山近いうちに気が付、高低差300m位、友を待たせランニング登山しました。・・・・・想像の場所には無く、頂上まで行く元気も時間もなく諦め下山しました。待たせた時間は4,50分です。
足がもつれ始めたけど、結果大丈夫でした。日ごろの山行で鍛えられていたようです。
DSC_0077s_20091129172653.jpg
何本もの杉の根っこが絡み合って迫出しています。
DSC_0081s_20091129172941.jpg
瑞々しい杉苔
DSC_0085s_20091129173304.jpg
苔の花
DSC_0088s_20091129173454.jpg
これは水苔の花です。
DSC_0093s_20091129173645.jpg
カラマツも落葉してしまいました。広葉樹の落葉とは感触が違いますねぇ!
DSC_0094s_20091129173818.jpg
ツルウメモドキの実です。正月飾でよく見かけますが、残念ながら手の届く処にはないんですよ。
DSC_0095s_20091129174706.jpg
跡継ぎがいるかどうか分かりませんが、綺麗な杉の植林です。
DSC_0097s_20091129174947.jpg
巾わずか30cmに満たない沢です。
DSC_0098s.jpg
かわいい朱色の実は何だったかなぁ?
DSC_0102s_20091129175530.jpg

下山して時間を持て余し、新穂高のロープウェイに向かいます。

福地山・十二ヶ岳2009.11.22②

所々雪が残った山道です。
DSC_0025s_20091126185117.jpg
10時30分憮然平
DSC_0027s_20091126185514.jpg
篠原憮然の石像(大正13年に山荘を築く跡地)
DSC_0028s_20091126185635.jpg
この辺りから真白な笠ヶ岳が見えます。
DSC_0029s_20091126190151.jpg
穂高連邦の全容です。
DSC_0033s_20091126190518.jpg
第3展望台から望む焼岳と穂高
DSC_0035s_20091126190656.jpg
さらに進むと雪道
DSC_0037s_20091126190857.jpg
落葉の絨毯
DSC_0038s_20091126191031.jpg
3時間を見込んでいたが、休憩なしで2時間程で登頂でした。
DSC_0046s_20091126191307.jpg
途中での山容より天気が悪くなってきたので、頂上からはこの一枚(奥飛騨からの全容)
DSC_0055s_20091126191915.jpg

福地山・十二ヶ岳 2009.11.22

週末天気予報が優れなく、22日の朝7時25分頃立山インターの駐車場で富山の山友と待ち合わせ、岐阜に出発!途中の剣岳を望む。昨夜までは雨模様だったけど、何だか良くなりそう!
最初からいい天気なら、蓼科を考えてたけど・・・・。この時間では迷う処。

左が剣岳、右が雄山!
DSC_0003s_20091124184721.jpg

たまたま、いい天気になり後悔しながら福地山登山口に!9時24分でした。

北アルプスの展望を奥飛騨から見られるコースとして人気のある山との事。

でも、登り始めから下山まで4人しか出会いませんでした。

DSC_0006s_20091124185659.jpg

高山の里山です。
DSC_0007s_20091124185941.jpg

マユミかいな?この花のない時期見せてくれるのは。
DSC_0010s_20091124190924.jpg

ツルウメモドキ
DSC_0014s_20091124191246.jpg

もう見えてきました。焼岳です。
DSC_0012s_20091124191623.jpg

もはや穂高連邦です。左端がお馴染みの槍ヶ岳ですよ!
DSC_0016s.jpg

槍のUPです。
DSC_0017s_20091124192115.jpg

奥が北穂高、手前が奥穂高のUPです。
DSC_0018s_20091124192355.jpg

焼岳です。中腹から噴煙が・・・見えますか。活火山です。
DSC_0019s_20091124193404.jpg

湯の平温泉2009.11.15

温泉に見せられて、新発田の渓谷にある<湯の平温泉>に行こうと目指しました。
雨の中、加治川ダムまでなんとか、・・・どんどんひどくなり少し引き返し、猿に出会った付近まで戻り撮影。
小降りになったので再度ダムの奥のほうまで車で行こうとしたのですが、そこで車両通行止!この先の登山道の吊橋も冬季閉鎖で温泉に行く道が途絶えたようです。
川を横断できれば行けるかもですが、ここから10Kmもあり断念しました。
来年の春まで無理のようです。
渓谷にある露天風呂なんですが、残念です。


木の実があるのかなぁ・・・・見えないけど口に何か入れてます。
DSC_0589s_20091118201440.jpg

かわいいでしょう!
DSC_0592s_20091118201516.jpg

にらめっこ!
DSC_0595s_20091118201557.jpg

おとっと危ないよ!
DSC_0597s_20091118201643.jpg

ナンノ実かなぁ?
DSC_0599s_20091118201732.jpg

こちらはちょっと大きな猿君が細い枝に!!
DSC_0611s_20091118201838.jpg

これは雪崩避け?のトンネルです。多分ダム建設当時の工事用ではないか?
DSC_0616s_20091118201949.jpg

一車線のトンネルです。信号があるけど車両には出会いませんでした。(猿だけに会いました)
DSC_0617s_20091118202249.jpg

DSC_0609s.jpg

資材を運んだであろう鉄橋です。朽ちた枕木から松が育ってます。
DSC_0619s_20091118202558.jpg

加治川治水ダムが見えました。
DSC_0622s_20091118202801.jpg

ダムの中は空っぽでした。
DSC_0625s.jpg

DSC_0626s.jpg

DSC_0628s.jpg

ダムの上から下流を望む(強風で立って居れないくらいの風が吹いていました)
DSC_0627s_20091118203232.jpg

DSC_0623s_20091118203439.jpg

この看板ちとおかしいですねぇ!
DSC_0624.jpg

里山もそろそろ冬支度ですね!
DSC_0636s_20091118203909.jpg

DSC_0634s_20091118203814.jpg

DSC_0637s_20091118204159.jpg

この柿はだれも収穫しないのかな?
DSC_0639s_20091118204324.jpg




成田山2009.11.08

今日はお祖母ちゃんの墓参りで成田に行ってきました。
帰りに寄った成田山の参道より

DSC_0557s.jpg

DSC_0568s_20091116202123.jpg
うなぎが有名なんで立ち寄りました。
DSC_0564s_20091116202203.jpg

DSC_0570s_20091116202338.jpg

DSC_0571s_20091116202427.jpg

DSC_0572s_20091116202512.jpg

DSC_0575s_20091116202559.jpg
帰り道の大きな仏像
DSC_0577s_20091116202636.jpg


阿曽原温泉水平歩道 2009.10.31⑧

朝っ風呂浴びて6時40分に小屋を出発です。
小屋の皆さんご苦労様でした。
気をつけて解体を!
ありがとうございました!
また来年きま~す。

DSC_0340s_20091115170717.jpg




欅平に向かいます!

DSC_0342s.jpg





風呂の奥に見える煙は高熱隧道からの湯煙です。(吉村昭の高熱隧道で詳細がわかります)

DSC_0353s_20091115171850.jpg






DSC_0354s.jpg






DSC_0363s.jpg





DSC_0370s.jpg




朝日を浴びた峡谷沿いの山々!

DSC_0371s_20091115174102.jpg




美しいブナ林

DSC_0373s_20091115174328.jpg





岩の上で育ったブナ・・・生命力はすごいもんです。

DSC_0376s_20091115174551.jpg





昨日より鮮やかに見えますねぇ。

DSC_0377s_20091115174902.jpg




昨日とダブルかもですが、又UPです。

DSC_0379s.jpg




イワウチワの紅葉

DSC_0381s.jpg



DSC_0385s_20091115180844.jpg




アジサイが見送ってくれました。

DSC_0386s.jpg




深い峡谷

DSC_0435s_20091115181632.jpg




見えてる峡谷より先から歩いてきたんです。
歩き始めて3時間経過しました。まだ半分ですね!

DSC_0436s_20091115181914.jpg



DSC_0442s.jpg



DSC_0445s_20091115182515.jpg



DSC_0465s_20091115183022.jpg




今年2回目遭遇する遭難救助のヘリです。どうか無事でありますように!

DSC_0459s.jpg





狭くて危ない所を・・・。

DSC_0462s_20091115184559.jpg



気が重くなりましたが、気を取り直し足元注意で進みます。



そろそろ下りはじめます。

DSC_0476s_20091115184448.jpg




マユミ?

DSC_0468s_20091115185115.jpg




見事なアジサイ

DSC_0469s.jpg




アキノキリンソウ

DSC_0478s_20091115185631.jpg





タラノメの実

DSC_0479s_20091115185853.jpg




ヤマブドウ

DSC_0480s_20091115190113.jpg




アキギリ

DSC_0486s_20091115190425.jpg





13時やっと駅に到着。ヘリを見てからは、なぜか疲れました。

祖母谷温泉に通ずる道です。
この辺りは紅葉狩の人でいっぱいです。

DSC_0493s_20091115191033.jpg




13時13分発のトロッコ電車で宇奈月に向かいます。

DSC_0499s_20091115191430.jpg




景色を目に焼きつけながら・・・

DSC_0503s.jpg




14時46分宇奈月に到着したときには本降りの雨になっていました。

DSC_0556s.jpg



来年は仙人池と黒部ダムを兆戦したいと思います。
今期はすばらしい経験をさせてもらいました。
次回は冬山になろうか・・・・・?


翌日のニュースによると、遭難事故は30日に発生し2日後の1日に救助されたとの事(新潟の39歳男性で頭蓋骨骨折の重傷;単独登山中滑落)  
本当に助かってよかったです。

装備は充分に!歩行は慎重に!ゴミと命は捨てないように皆さん気をつけましょう!!!

阿曽原温泉水平歩道 2009.10.31⑦

さて楽しみの温泉です。

DSC_0312s.jpg



透明な単純泉だが、6時間の歩行の末に辿り着いてつかるいで湯は格別です。

DSC_0310s.jpg




1時間交代で男女順番。4時から5時が女性の為1時間待っての湯でした。

DSC_0316s.jpg




夕食の後また入りました。24時間100%の掛け流しの湯なんです。ヘッドライトも不要・・・星明りで大丈夫でした。

夕食はカレーライス。何杯お代りしてもいいんです。おいらは2杯。 4杯食べた若者がいました。

DSC_0326.jpg




小屋の親父さんです。 今晩で営業終了、明日から小屋の解体準備にはいります。
職人を呼ばず自分で1週間位かけて解体するんだそうです。冬の雪に耐えられないのでとの事。

DSC_0324s_20091114235122.jpg



12帖に12人です。混んでるときはその倍の時もあるとか! ( 今日は50人程が宿泊 )

DSC_0335s_20091114234357.jpg



明日の為に酒も程ほどに就寝! (20時)

阿曽原温泉水平歩道 2009.10.31⑥

この横一文字を延々と・・・・。

DSC_0274s_20091111195455.jpg




アカモノみたいだけど?葉っぱがちょっとちがうかなぁ?

DSC_0277s.jpg




この時期珍しい緑のシダ族

DSC_0280s_20091111200349.jpg




まだまだきれいな紅葉

DSC_0281s_20091111200736.jpg



DSC_0282s_20091111201009.jpg




垂直の梯子・・・・そろそろ下り・・・って事は近いかなぁ?

DSC_0283s_20091111201158.jpg




大きな一枚岩

DSC_0287s_20091111201644.jpg




雪の冠はどこだっぺかな・・・・?

DSC_0288s.jpg




阿曽原小屋が眼下に見えてきました。

DSC_0289s.jpg




どんどん下ります。

DSC_0290s.jpg




あとは水平移動です

DSC_0292s.jpg



この橋を渡れば・・・

DSC_0294s_20091111202934.jpg



DSC_0298s.jpg





15時50分とうとう阿曽原温泉小屋に到着です。 
9時40分から歩き始め 6時間10分かかりました!(片道22,500歩)

DSC_0299s.jpg

阿曽原温泉水平歩道 2009.10.31 ⑤

ノコンギク

DSC_0238s.jpg




DSC_0239s.jpg




DSC_0241s.jpg




DSC_0245s.jpg




DSC_0243s.jpg




DSC_0251s_20091110194540.jpg



折尾の大滝

DSC_0253s.jpg



DSC_0258s.jpg




砂防ダムの中はトンネルで、そこが登山道なんですよ。洪水の時はトンネル内でも胸まで水につかるとか・・・でもそこを通過せざるをえないと・・・・寒い時は・・・・?

DSC_0260s_20091110195252.jpg



これは?

DSC_0265s.jpg



DSC_0269s_20091110200004.jpg




ここまで欅平から4時間30分かかりました。只今14時11分・・・食事タイムです。

DSC_0271s_20091110200219.jpg



阿曽原温泉水平歩道 2009.10.31④

まさに岩盤をくり貫いた道!

DSC_0171s_20091109190133.jpg




すばらしい黄葉に見惚れます。

DSC_0172s.jpg




志合谷に近づくと谷の向こうに荒々しい山肌に線を引いた登山道に感動を覚えます。

DSC_0180s_20091109191029.jpg




DSC_0183s_20091109191528.jpg




先を行くMOさん

DSC_0186s_20091109191709.jpg




こんな時期までナデシコが待っててくれました。また感激です。

DSC_0187s_20091109191907.jpg





DSC_0190s_20091109192301.jpg




谷の奥のトンネルに入ります。

DSC_0194s_20091109192641.jpg





水平歩道の右が出口です。結構長いです。

DSC_0193s_20091109192457.jpg




トンネルの内部です。ヘッドライトを点けて進みます。

DSC_0198s_20091109193055.jpg




中央が水平歩道です。

DSC_0206s.jpg




ウツボグサです。これも一輪のみお出迎え

DSC_0207s.jpg




向こうの斜面に向かって延々と歩きます。

DSC_0210s.jpg




真ん中の谷の裏にトンネルがあるんです。

DSC_0212s_20091109194457.jpg




DSC_0213s_20091109194947.jpg




DSC_0216s_20091109195124.jpg




足元の峡谷

DSC_0218s.jpg





足元は絶壁

DSC_0219s_20091109195508.jpg




DSC_0224s.jpg




DSC_0230s.jpg




DSC_0232s_20091109200205.jpg

阿曽原温泉水平歩道 2009.10.31 ③

ここまででも汗だく・・・・行けるかなぁ・・・・。
でもここからは当分この山間を水平に歩きます。なんとかなるさぁ!

黒部第?ダム建設時、黒部川に沿って資材運搬に利用されたとありますが・・・現在は登山道として利用されてるようです。
欅平から阿曽原温泉までは絶壁に刻まれた幅1mもない細い登山道を歩かなければならない。ほぼ全工程が切れ落ちた遥か200m以上300m近い下方の黒部川を足元に眺めながらの歩行である。

DSC_0121s_20091105184532.jpg




まずはここから・・・

DSC_0126s_20091105191407.jpg





こんな道を延々と歩くのです。

DSC_0130s.jpg





これはなんだっけかなぁ?花のない時期癒されますね。

DSC_0131s_20091105191911.jpg




白馬稜線は雪をかぶってます。

DSC_0133s_20091105192302.jpg





この辺りは少し広い道、紅葉がきれいです。

DSC_0137s_20091105192807.jpg





逆光に映えるススキの穂

DSC_0138s_20091105193035.jpg





錦絵の紅葉

DSC_0141s_20091105193247.jpg




DSC_0147s_20091105193509.jpg




DSC_0150s_20091105193646.jpg





まだ頑張ってた紅葉

DSC_0157s_20091105193836.jpg





足がビビリます。

DSC_0161s.jpg




DSC_0162s_20091105194228.jpg



DSC_0163s_20091105194414.jpg





岩肌を削ってできた登山道です。

DSC_0164s_20091105194555.jpg



DSC_0167s_20091105195709.jpg





反対側の崖

DSC_0169s.jpg




足元の黒部峡谷

DSC_0170s_20091105200123.jpg


阿曽原温泉水平歩道2009.10.31②

今、急登の途中です。下に見える白いところから始まりました。
この高圧電線にそって!

DSC_0097s_20091104185559.jpg





今10時15分(鉄塔の下)

DSC_0100s_20091104190037.jpg





DSC_0101s_20091104190325.jpg




足元の小さな紅葉

DSC_0104s_20091104190513.jpg





黒い実はナンノ木かいな?

DSC_0107s_20091104190704.jpg





五龍岳方向です。積雪がありますね!

DSC_0108s_20091104190902.jpg





鮮やかな赤は山ブドウの紅葉です。

DSC_0109s_20091104191257.jpg





いよいよ水平歩道の分岐です。10時27分

DSC_0111s_20091104191529.jpg





紅葉は終盤過ぎてましたが、いい気分でした。

DSC_0112s_20091104191810.jpg





朝焼けの紅葉がきれいです。

DSC_0114s_20091104192133.jpg





山ブドウはまだ酸っぱい味でした。

DSC_0118s_20091104192324.jpg





白馬岳かもです。

DSC_0119s_20091104192532.jpg





10時52分水平歩道の始点です。

DSC_0120s_20091104192759.jpg


阿曽原温泉水平歩道2009.10.31①

今回は山頂にはたどり着かない水平歩道(黒部峡谷)です。往きは6時間10分の歩行でした。

前日は酒の一滴も飲まず、4時に新潟を出発。6時30分黒部インターで待ち合わせするも翌日の天気がまたもや雨の予報です。でも今晩限りで小屋を閉じることを考えるとやはり行って見ようと・・・。第2案は日本百名山の雨飾山だったのですが、紅葉も終わってるから阿曽原にしようと・・・富山の山友が賛同してくれました。
7時33分宇奈月温泉の駅に到着 7時50分頃の2番のトロッコ電車に乗ります。

DSC_0001s_20091103185243.jpg





トロッコ電車の旅がまず始まりますよ!

DSC_0003s_20091103185504.jpg




宇奈月ダム湖です。

DSC_0007s_20091103190740.jpg





まるでローマのような(行った事ないけど新柳河原発電所。

DSC_0008s_20091103191126.jpg





石仏に似た仏石

DSC_0013s_20091103191550.jpg





コンクリート製の橋

DSC_0021s_20091103192116.jpg





これは自分が乗ってる電車ですよ。

DSC_0026s_20091103192414.jpg





出し平ダムかなぁ?

DSC_0027s_20091103192711.jpg






真ん中に四角の窓見えますか?冬季電車が走らない時の連絡通路;雪山の為線路に沿ってトンネル状の通路があるんです。

DSC_0031s_20091103193055.jpg





富山の建築100選の黒部川第2発電所

DSC_0042s_20091103193714.jpg




これは多分出六峰

DSC_0035s_20091103194201.jpg




前の方は屋根だけで吹きさらしの電車。こちらはちと贅沢350円出費

DSC_0048s_20091103194448.jpg





ダム湖を見ながら進みます。

DSC_0057s_20091103194955.jpg





DSC_0061s.jpg




単線の為待ち合わせ

DSC_0074s_20091103195808.jpg




DSC_0075s_20091103200006.jpg




欅平に着きました。

DSC_0080s.jpg




下車しました。

DSC_0082s_20091103200500.jpg





周辺の景色

DSC_0089s_20091103200717.jpg




DSC_0084s_20091103200903.jpg




DSC_0092s_20091103201118.jpg




DSC_0095s_20091103201256.jpg

1時間半くらい掛けて、終着の欅平につき、 9時40分登山開始です!!

八海山2009.10.24③

地蔵岳から不動岳を望む
DSC_0075s_20091102184837.jpg
不動岳から地蔵岳を望む
DSC_0076s_20091102185038.jpg
不動岳から先は初心者は危険と看板が!
DSC_0077s_20091102185155.jpg
不動岳の石碑
DSC_0079s_20091102185428.jpg
七曜岳の順番待ち
DSC_0081s.jpg
間の谷に下りてから又登りになります。
DSC_0082s_20091102185809.jpg
七曜岳からの景色
DSC_0085s_20091102185957.jpg
鎖場の連続です。
DSC_0086s_20091102190213.jpg

DSC_0087s_20091102190340.jpg

DSC_0088s_20091102190509.jpg
五大岳とありますが・・・案内図と食い違いかいなぁ~。
DSC_0089s_20091102190628.jpg
高い山は不動岳
DSC_0090s_20091102191003.jpg
同じような峰が八つあるんです。
DSC_0091s_20091102191140.jpg
岩の中で一際目立った紅葉!
DSC_0092s_20091102191622.jpg

DSC_0094s_20091102191830.jpg
こんな鎖です。
DSC_0095s_20091102191935.jpg

DSC_0096s_20091102192201.jpg

DSC_0097s_20091102192305.jpg

DSC_0100s_20091102192633.jpg
次の峰
DSC_0104s_20091102192750.jpg

DSC_0105s_20091102192946.jpg

DSC_0107s_20091102193105.jpg
所々に小さな紅葉が残っていました。
DSC_0108s_20091102193205.jpg

DSC_0111s_20091102193351.jpg

DSC_0112s_20091102193444.jpg

DSC_0113s_20091102193537.jpg

DSC_0117s_20091102193643.jpg
最後まで登ると遅くなりそうなんで引き返します。
DSC_0118s_20091102193734.jpg

DSC_0119s_20091102193914.jpg

DSC_0120s_20091102194005.jpg

DSC_0121s.jpg
ここだけ、ナナカマドが頑張ってました。
DSC_0125s_20091102194450.jpg
女人堂を振り返ります。
DSC_0131s_20091102194720.jpg
今年は紅よりも黄葉が目立ちました。
DSC_0132s.jpg

DSC_0133s_20091102195125.jpg

DSC_0137s_20091102195305.jpg
アップダウンの登山道はこんなに混んでたんです。
DSC_0138s_20091102195428.jpg
途中で帰ってきて正解でしたよ。
DSC_0139s_20091102195602.jpg
80人乗りのロープウェイに乗るんですが、1時間待ち・・・・
DSC_0143s_20091102195746.jpg

DSC_0146s_20091102200004.jpg
最後にもう一八つ峰の八海山・・・・乗車したのは4時半でした。
DSC_0140s_20091102200135.jpg


八っつ制覇ならず・・・天地人が落ち着いた頃、また登りたい山でした。



次号は黒部峡谷45000歩をお楽しみに!!
プロフィール

satoyama

Author:satoyama
satonoyamaブログへようこそ!
関東の低山から高山まで山野草とともに!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク