FC2ブログ

針の木岳・蓮華岳 2009.07.04④

針の木峠 7:00 そろそろ下山です。
DSC_0891s.jpg
下り始めは少し怖かった!
DSC_0892s.jpg

DSC_0896s.jpg
よくぞ登ったなって感心します。
DSC_0904s.jpg
オオバキスミレ
DSC_0906s.jpg
ツマトリソウ
DSC_0910s_20090716210420.jpg

DSC_0911s.jpg
ユキザサ
DSC_0915s.jpg

DSC_0917s.jpg

DSC_0918s.jpg
タニウツギ
DSC_0920s.jpg

DSC_0921s.jpg
なんだっけかな?
DSC_0922s.jpg
再登場
DSC_0928s.jpg

DSC_0929s.jpg

DSC_0932s.jpg

DSC_0933s.jpg
シモツケソウ
DSC_0930s.jpg
10時50分下山(鉢の木峠より3時間50分でした)
DSC_0926s.jpg
山の会の皆様大変お世話になありがとうございました。
Mさん早く元気になりますように!!
スポンサーサイト

針の木岳・蓮華岳 2009.07.04③

針の木からの下ってきた雪渓を振り返って・・・結構狭い足跡の道なんです。
DSC_0822s.jpg
もう少し下ったところで振り返ると右下の方に二人の人影が見え、先を下ってた人によると、Mさんが滑落して助けに行ったとの事でした。16時過ぎだったと思います。たまたま高低差の短い雪渓でなんとか止まってくれて、本当に良かったです。
DSC_0824s_20090713194918.jpg
登山道まで戻るのに大変な場所ですが、素人の私にはどうすることも出来ませんでした。
先人の人が山小屋まで戻り助けを頼みに・・・・・・見守るなか自分も手先が凍ってくるし、雨に濡れて寒かったので先輩に断り、先に小屋を目指して下りました。なにも出来なくてごめんなさい。

途中で山小屋の人が二人救難にきてくれました。二時間近く掛かったと思います。
スコップで道を広げながらグループの勇敢な数人と小屋に戻ってきました。
頭に切傷がありましたが、意識はしっかりしていたので、まずは一安心!小屋の登山客で消防の救命士と看護士がたまたま居られて応急処置をして頂きました。概ね骨折はないようだとの診断。
みなさま方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

小屋の人の通報依頼のお陰で明朝長野県警の救難ヘリが来てくれることになり、グループ幹部が見送るとの事で、申し訳なかったですが12人で早朝4時40分蓮華岳に出発しました。
5時45分登頂です。
DSC_0828s_20090713203111.jpg

DSC_0827s.jpg
はっきりしませんが、シロウマオウギとしておきます。
DSC_0832s.jpg
帰り道もガスと霧のなかでした。
DSC_0835s_20090713203634.jpg
ミネズオウ:高山帯の風当たりの強い砂礫、岩盤に生息する。
DSC_0839s_20090713203845.jpg
キバナシャクナゲがハイマツの間にあちこちで迎えてくれました。
DSC_0842s.jpg
ツガザクラ
DSC_0843s.jpg
アオノツガザクラ
DSC_0844s.jpg
本当はまだ時期がはやいですが、コマクサの咲き始めです。
DSC_0859s_20090713210420.jpg
もう一つおまけ!
DSC_0849s.jpg
雨の中、ちょっと遠いですが、雷鳥です!
DSC_0858s_20090713211104.jpg
六時半頃ヘリの音が聞こえましたが、濃霧の為引き換えしたようです。
DSC_0860s_20090713211306.jpg
ピンボケですすみませんが、ミツバオウレン
DSC_0864s.jpg
シラビソの花
DSC_0871s.jpg
さっきの音から20分くらいして霧が晴れ、長野県警の救難へりが来てくれました。
皆さんお疲れさまでした。大変お世話になりましてありがとうございました。
DSC_0878s.jpg
Mさんの無事を祈ります。
DSC_0885s.jpg

針の木岳・蓮華岳 2009.07.04②

この見えてる雪渓だけではないんです!先がまだまだあるんです。・・・・・俺の脚、大丈夫かな?心配でした。
DSC_0783s.jpg
これまでの道を振り返って・・・・。
DSC_0788s_20090712183705.jpg

DSC_0802s_20090712190732.jpg

13時半に針の木峠にある針の木小屋に到着です。
DSC_0789s.jpg
蓮華岳はこの山の奥に位置します。
このとき反対側に針の木岳があるのですが、ガスで見えませんでした。
DSC_0792s_20090712184632.jpg
エーデルワイスですか?一瞬の天気と花で疲れが吹っ飛びました。
DSC_0793s.jpg

DSC_0798s_20090712185219.jpg
ジムカデ・・・?・これも初
DSC_0799s.jpg
コイワカガミ
DSC_0800s_20090712185754.jpg
高山定番の花チングルマです。
DSC_0801s.jpg
針の木峠から雪渓と反対側を望む景色!
DSC_0803s.jpg
大きなリュックは小屋に預け、針の木岳を目指し、またアイゼン登山。
DSC_0804s_20090712191253.jpg
ガレ場では石を落とさないように慎重に登ります。
DSC_0805s_20090712191638.jpg
ミヤマオダマキは蕾でした。
DSC_0806s.jpg
針の木岳頂上です。2821m
DSC_0807s.jpg
頂上で休憩する同士。
DSC_0810s_20090712192701.jpg
三角点
DSC_0811s.jpg
頂上のすぐ側に気になる花。怖くて近づけなかったんです。
DSC_0812s.jpg
チシマツメクサ
DSC_0815s.jpg
ウメハタザオだと思います。
DSC_0816s_20090712194246.jpg
ハクサンイチゲ
DSC_0817s.jpg
ミヤマキンポウゲ
DSC_0818s_20090712195227.jpg
イワベンケイ
DSC_0821s_20090712195549.jpg
まだ4名が登頂しないのですが、急に雨風が強くなってきたので11名で記念写真!
これから天候が急変したのです。
DSC_0819s.jpg

針の木岳・蓮華岳 2009.07.04

富山市八尾町5時30分出発~富山IC~糸魚川IC~大町~扇沢登山口着8時40分(1420m)→15名のメンバーで9時登山開始
DSC_0754s_20090708190447.jpg
初めてのクガイソウ
DSC_0757s_20090708191748.jpg
ベニバナイチヤクソウ
DSC_0753s_20090708191859.jpg
鳴沢でしょうか
DSC_0758s_20090708192059.jpg
湧き水です。冷たくて美味しい!!
DSC_0760s.jpg
赤沢でしょうか?
DSC_0764s.jpg

この丸太橋を渡り水分補給
DSC_0763s_20090708193128.jpg


DSC_0765s_20090708193400.jpg

DSC_0766s_20090708193549.jpg
キヌガサソウ
DSC_0768.jpg
キイチゴ
DSC_0769s_20090708193952.jpg
9時50分大沢小屋到着5分の休憩
DSC_0770s.jpg
小屋の入り口横には、百瀬慎太郎を偲んだレリーフが埋め込まれている。
DSC_0771s_20090708194956.jpg
小屋の裏にあった木・・なんの木?→どうやらオガラバナのようです。
DSC_0772s.jpg
マイズルソウ
DSC_0773s_20090708200047.jpg

DSC_0774s_20090708200215.jpg
アカモノ
DSC_0775s_20090708201233.jpg
ミヤマカラマツ
DSC_0776s_20090708201455.jpg
イワカガミ
DSC_0777s_20090708201644.jpg
ニッコーキスゲ
DSC_0779s.jpg
トリアシショウマ
DSC_0780s_20090708202040.jpg
淡い紅紫のシラネアオイが一輪だけ頑張っていました。
DSC_0781s_20090708202256.jpg
10時40分ここでアイゼンを装着 日本三大雪渓のに数えられる針の木雪渓です。
せり上がる全容は圧巻です。
DSC_0782s_20090708202503.jpg

テーマ : 野草の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

satoyama

Author:satoyama
satonoyamaブログへようこそ!
関東の低山から高山まで山野草とともに!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク